TOP > ロボカップとは

ロボカップは、ロボット工学と人工知能の融合、
発展のために自律移動ロボットによるサッカーを題材として
日本の研究者らによって提唱されました。

「2050年までに完全自律型の
ヒューマノイド(人間型)ロボットチームで、
人間のワールドカップ優勝チームに勝つこと」
を目標に掲げています。

現在では、サッカーだけでなく、
大規模災害へのロボットの応用としてレスキュー、
次世代の技術の担い手を育てるジュニアなどが
組織されています。

 
   

   

 

大会略年表
1992 平成4年 RoboCup発足  
1997 平成9年 第1回世界大会(名古屋)  
1998 平成10年 第2回世界大会(フランス・パリ) 第1回ジャパンオープン(東京・青山)
1999 平成11年 第3回世界大会(スウェーデン・ストックホルム) 第2回ジャパンオープン(愛知・名古屋)
2000 平成12年 第4回世界大会(オーストラリア・メルボルン) 第3回ジャパンオープン(北海道・函館)
2001 平成13年 第5回世界大会(米国・シアトル) 第4回ジャパンオープン(福岡)
2002 平成14年 第6回世界大会(日本・福岡、韓国・釜山)  
2003 平成15年 第7回世界大会(イタリア・パドヴァ) 第5回ジャパンオープン(新潟)
2004 平成16年 第8回世界大会(ポルトガル・リスボン) 第6回ジャパンオープン(大阪)
2005 平成17年 第9回世界大会(日本・大阪)  
2006 平成18年 第10回世界大会 ドイツ・ブレーメンで開催予定 第7回ジャパンオープン 北九州

 

 

 
 
大会に関するお問い合わせ関連HPへリンクプライバシーポリシー
Copyright(c) 2006 ROBOCUP JAPAN OPEN 2006 KITAKYUSHU. All right Reserved.