ロボカップ@ホーム ソーシャルスタンダードプラットフォームリーグ

ソーシャルスタンダードプラットフォームリーグ

ロボカップ@ホーム(アットホーム)リーグは、日常生活でのロボットの利用を想定し、リビングルームやキッチンなどの家庭環境において、いかに人間との暮らしに役立つ作業を遂行できるかを競います。ドアを開閉したり、モノをつかんだりといったロボットアームやマニピュレーション技術が重要です。また、人間を追尾したり、ロボットと人が自然にコミュニケーションをとることも重視されています。各種センサーを駆使し、音声対話技術や画像認識技術なども問われます。

ロボカップ@ホームリーグにおいて、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」で競うのが「Social Standard Platform League」(SSPL)です。