大会概要

大会概要

名称 ロボカップジャパンオープン2020
会期 
ロジスティクス:2020年9月19日(土)〜22日(火)
サッカーシミュレーション,レスキューシミュレーション,
  @ホームシミュレーション:2020年10月30日(金)~11月1日(日)
@ホーム:2020年12月19日(土)〜20日(日)
会場 オンライン
主催 特定非営利活動法人ロボカップ日本委員会
後援 ロボカップアジアパシフィック2021あいち開催委員会
オフィシャルパートナー  MathWorks

 ロボット工学や人工知能分野研究・技術の促進を目的として人工知能を利用したロボット及びそのシミュレーションによる競技大会を開催する.今大会は新型コロナウィルスの影響を考慮してコンピュータシミュレーションによる部門(リーグ)を中心となる.

参加費


一般非会員 22,000円
一般会員 12,000円
学生・大学生以上 3,000円
学生・高校生以下 2,000円

※ 新規参加チームは登録無料です

組織


実行委員長 伊藤暢浩 愛知工業大学
サッカーシミュレーションリーグ 秋山英久 福岡大学
中島智晴 大阪府立大学 ※大会運営
レスキューシミュレーションリーグ 岩田員典 愛知大学 ※研究会担当
笹岡久行 旭川工業高等専門学校
@ホームシミュレーションリーグ 稲邑哲也 国立情報学研究所
@ホームリーグ 田向権 九州工業大学
ロジスティクスリーグ 植村渉 龍谷大学 ※大会運営
サッカーヒューマノイドリーグ 鈴木秀和 東京工芸大学
サッカー標準プラットフォームリーグ 小林邦和 愛知県立大学
サッカー中型ロボットリーグ 武村泰範 西日本工業大学
サッカー小型ロボット人型リーグ 升谷保博 大阪電気通信大学

沼田宗敏 中京大学
サッカー小型ロボット車輪型リーグ 堀井隆斗 大阪大学

石倉万希斗 Roots代表
レスキュー実機リーグ 佐藤徳孝 名古屋工業大学
フライングロボットチャレンジ 橋口宏衛 大同大学
事務局 渡邊洋子 ロボカップ日本委員会事務局