ロボカップサッカー ヒューマノイドリーグ

ヒューマノイドリーグ

ヒト型の、自律型2足歩行ロボットを使うリーグです。 2本足でボールを追いかけたりシュートをするので、ロボットの調整が大変難しいです。 1チーム3台ずつのロボットで競技するようになり、少しずつ人間のサッカー競技に近づいてきました。 ロボットの大きさの違うキッドサイズ、ティーンサイズ、アダルトサイズの3リーグがあります。

参考動画